医療秘書の仕事

もっと専門的に、もっとマルチに、医療秘書の仕事のなかみ!

総合病院や医院・クリニックなど医療関係の院長先生、部門長や管理職などをサポートする仕事です。
スケジュール管理・電話対応・書類管理・学会資料作成の手伝いなどがあります。
日常の診察や手術、学会での発表など、多忙な医師が業務に集中できる環境を整える、いわば医師のサポートに特化した職業です。
医師が取り扱う書類は、医学関連用語も多く含まれるので、医療に関連した法令知識なども必要になります。

受付業務

病院・医院の顔としてスムーズな診療を図る

診察券の発行など、スムーズな診療を図るとともに、患者の不安を和らげ、気持ちよく診療が受けられるように努めることは、医療秘書の大事な仕事です。

カルテ管理

電子カルテシステムの時代にも対応

カルテ(診療録)には様々な個人情報が含まれているため、その管理は近年、特に重要視されています。

患者サービス

細やかな視点で快適な病・医院づくり

患者やその家族など、来院するすべての人に気持ちのよい環境を提供すること。これもまた医療秘書に期待 される仕事のひとつです。

会計業務

よりスピーディーに、正確な会計計算

保険の種類等によって、総医療費に対する個人の負担割合は異なります。その複雑な計算を正確・迅速に行う能力が必要とされています。

保険請求

情報を整理し、適正な数字を算定する

医療秘書の仕事の中心ともいえる、診療報酬の算定や保険請求の業務。その内容は複雑、増大の傾向にあり、ここでも頼りになるのは医療秘書のレセプト(診療報酬明細書)作成・点検能力なのです。





専門学校 静岡医療秘書学院
〒422-8042
静岡市駿河区石田1丁目20番11号

054-288-5678

お問い合わせ

Copyright (c) 静岡医療秘書学院. All Rights Reserved.